本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

高知県銃砲刀剣類所持等取締法施行細則(平成21年高知県公安委員会規則第9号)の一部改正に対する意見の募集結果

公開日 2009年12月03日

1 規則等の題名

高知県銃砲刀剣類所持等取締法施行細則(平成21年高知県公安委員会規則第9号)の一部を改正する規則

2 根拠法令・条項

(1) 意見公募をした根拠法令・条項

  銃砲刀剣類所持等取締法(昭和33年法律第6号)第4条の3第2項

(2) 意見公募をしなかった根拠法令・条項

ア 銃砲刀剣類所持等取締法第4条の2第2項、第4条の3第2項及び第28条の2第1項
イ 銃砲刀剣類所持等取締法施行規則(昭和33年総理府令第16号)第10条第1項第2号
ウ 猟銃安全指導委員規則(平成21年国家公安委員規則第12号)第2条、第7条及び第8条

3 公募した規則等の概要

(1) 意見公募をした規則等の概要

銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律(平成20年法律第86号)附則第1条に掲げる規定及び銃砲刀剣類所持等取締法施行規則等の一部を改正する内閣府令が平成21年12月4日から施行されることに伴い、改正後の銃砲刀剣類所持等取締法第4条の3第2項の規定に基づき診断を行う医師の指定を行うために必要な事項を定めるため、規則の改正を行おうとするものです。
なお、銃砲刀剣類所持等取締法及び銃砲刀剣類所持等取締法施行令(昭和33年政令第33号)の改正に伴い当然必要とされる規定の整理は、別途行いました。
 

(2) 意見公募をしなかった規則等の概要

ア 医師の指定等
  銃砲刀剣類所持等取締法施行規則第10条第1項第2号の規定により銃砲刀剣類所持等取締法第5条第1項第3号又は第4号に該当するか否かの診断に必要な知識経験を有すると公安委員会が認める医師の要件を定めたものです。
イ 猟銃安全指導委員(細則第5条)
  銃砲刀剣類所持等取締法第28条の2に規定する猟銃安全指導委員の委嘱、解嘱、活動区域等について必要な事項を定めたものです。

4 行政手続条例に基づくものか任意のものか

(1) 意見公募をしたもの

高知県行政手続条例(平成7年高知県条例第45号)に基づくものです。

(2) 意見公募をしなかったもの

高知県行政手続条例第38条第4項第1号に該当するものです。

5 規則等の制定日

平成21年12月4日(金曜日)

6 結果公示の日

平成21年12月3日(木曜日)

7 意見公募の期間

平成21年10月9日(金曜日)から平成21年11月7日(土曜日)まで

8 提出された意見の数

0件

9 結果の概要

(1) 意見公募をしたもの

 平成21年10月9日(金曜日)から平成21年11月7日(土曜日)まで、意見公募を実施したところ本件に対するご意見は寄せられませんでした。

(2) 意見公募をしなかった理由

 意見公募をしなかった改正箇所は、銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律の施行の日(平成21年12月4日)に施行する必要があるが、この改正の前提となる銃砲刀剣類所持等取締法施行規則の一部を改正する内閣府令(平成21年内閣府令第68号)及び猟銃安全指導委員規則(平成21年国家公安委員会規則第12号)は、平成21年11月18日に公布されたものであったため、意見公募手続を経て行うことが困難であった。したがって、公益上緊急に定める必要があるものとして、意見公募手続の適用除外とするもの。

10 意見公募時の画面

意見公募時の画面へ

11 結果資料等の入手方法

  • 高知県警察ホームページ
  • 高知県警察本部生活安全部安全企画課
  • 県民室(県庁本庁舎1階)
  • 各福祉保健所(須崎を除く)
  • 須崎農業振興センター

12 担当課・連絡先

高知県警察本部生活安全部生活安全企画課
電話 088-826-0110(内線 3033又は3034)


意見公募手続(パブリックコメント)へ