本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

高知県風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例の一部改正について

公開日 2016年01月18日

最近における風俗営業等の実情及びダンスをめぐる国民の意識の変化等を受け平成27年6月24日、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号。以下「風営適正化法」といいます。)の一部改正が行われました。

主な改正内容は、

  • 客にダンスをさせる営業に係る規制の見直し
    ダンス自体を対象とする規制は行わないこととし、業態(営業時間帯、照度及び酒類提供の有無)に応じた規制を実施する。
  • 特定遊興飲食店営業に関する規定の整備
    深夜において客に遊興をさせ、かつ、酒類の提供を伴う飲食をさせる営業(特定遊興飲食店営業)について許可制度等の必要な規制を設ける。
  • 良好な風俗環境の保全を図るための規定の整備
    ○深夜に風俗営業又は特定遊興飲食店営業を営む者に対して客の迷惑行為の防止や苦情処理を義務付ける。
    ○警察、営業者、地域住民等からなる風俗環境保全協議会を設置する。
  • その他所要の規定の整備
    ○風俗営業の営業時間制限の緩和に係る規定の見直しを図る。
    ○ゲームセンターへの18歳未満の者の立ち入らせ制限に係る規定の見直しを図る。

であり、改正に係る一部規定については、条例により具体的な制限等を定めることとされています。

そのため、条例で定めるよう規定された事項について、高知県風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例(昭和59年高知県条例第24号。以下「風営適正化法施行条例」といいます。)の一部改正を行いました。

客にダンスをさせる営業に係る規制の見直しイメージ

seikichart

風営適正化法施行条例の改正内容について

公布日

平成27年12月28日

改正の内容

  1. 風俗営業の営業延長許容地域における営業時間の見直し
  2. 特定遊興飲食店営業の営業所設置許容地域の指定及び営業時間の制限
  3. 深夜における特定遊興飲食店営業の騒音及び振動の規制
  4. 条例へ委任する特定遊興飲食店営業者の遵守事項の規定
  5. 「風俗環境保全協議会」を設置する地域の指定
  6. ゲームセンターへの年少者の立ち入らせ規制の緩和

施行期日

平成28年6月23日
ただし、特定遊興飲食店営業許可申請に関する規定は、平成28年3月23日に施行となります。

添付資料

  1. 資料1 新旧対照表(風営適正化法施行条例)(PDFファイル)
    新旧対照表[PDF:127KB]
  2. 資料2 風営適正化法施行条例の改正概要(PDFフィイル
    風営適正化法施行条例の改正概要[PDF:292KB]

特定遊興飲食店営業のセルフチェックについて

各事業者が、自身の営む営業が特定遊興飲食店営業に該当するか否かを判断する参考資料

特定遊興飲食店営業のセルフチェックと題するページを警察庁ウェブサイトに掲載しております。

https://www.npa.go.jp/safetylife/hoan/selfcheck/start.html

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード