本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

平成30年下半期の宿毛警察署速度取締り指針

公開日 2018年08月21日

宿毛警察署速度取締り重点

重点路線

国道56号

重点時間帯

午後2時から午後6時

重点区域

平田地区から野地地区までの間

規制速度

50キロメートル毎時(一部40キロメートル毎時及び法定区間あり)

宿毛警察署管内における交通事故実態等

  • 管内の主な幹線道路別に過去3年間下半期の人身事故発生状況を比較すると、国道56号での発生が最も多い。
  • 過去3年間下半期の国道56号における地区別人身事故発生状況を比較すると、平田地区から宿毛市市街地における事故が多い。
  • 過去3年間下半期の国道56号における時間帯別人身事故発生状況を比較すると、午後2時から午後4時の時間帯に事故が多い。
  • 平成30年5月31日現在、宿毛警察署管内では、人身事故が28件発生し、重傷事故は2件、軽傷事故は26件発生している。
  • 平成30年5月31日現在の宿毛警察署管内の人身事故発生状況を市町村別で比較すると、宿毛市で重傷事故1件、軽傷事故23件、大月町で重傷事故1件、軽傷事故3件、三原村では人身事故は発生していない。

その他の交通指導取締り要点

  • 国道321号も人身事故が多い国道であることから、速度違反などの取締りを実施する。
  • 宿毛市市街地の市道においては、追突や出会頭の人身事故が多く、被害軽減のためのシートベルト取締り及び交差点関連違反の取締りを強化する。

速度取締り指針資料

宿毛警察署速度取締り指針[PDF:176KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード