本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

平成29年8月号 シルバー通信

公開日 2017年08月09日

「ま・み・む・め・も」で事故防止

 ・・・待つ
道路を渡るとき、車が来ていれば、通り過ぎるまで待ちましょう。

 ・・・見る
横断する前は、よく見て左右の安全確認をしましょう。

 ・・・無理をしない
体の調子が悪いときは、外出を控えましょう。

 ・・・目立つ
夜間外出は、反射材や明るい服装で外出しましょう。

 ・・・もう一度
横断中は、道路中央でもう一度左側の安全確認をしましょう。

駐車場内での事故に注意!

量販店などの駐車場内での事故の多くは、ブレーキとアクセルの踏み間違いなど、運転操作の誤りによるものや、見落としなどが原因で発生しています。

駐車場内も油断せず、運転してください。

特に子ども連れの方は

  • 大人より先に、子どもだけで車外・店外に出さない。
  • 子どもから目を離さない。
  • 駐車場内では、子どもと手をつなぐ。

 など、悲惨な交通事故に、子どもが巻き込まれないようにしてください。

この時期、熱中症に注意!!

  • のどが渇かなくても、水分補給しましょう。
  • 部屋の温度や湿度をこまめに測りましょう。
    (高齢者は、湿度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症になることがあります。)

はじめまして

7月から、土佐警察署交通課で、高齢者アドバイザーとして勤務しています、濵口美帆と申します。

土佐警察署管内の交通事故が、1件でも減少するよう、精一杯がんばりますので、どうぞよろしくお願いします。

安全教室の開催地区を募集しています

土佐警察署では、出前式の高齢者交通安全教室を行っています。

みなさんのお住まいの地区でも開催してみませんか?

交通安全教室の内容は、

  • 交通安全講話
  • DVD上映
  • 防犯講話

などです。

連絡先:土佐警察署交通課
☎088-852-0110濵口まで