本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

三原村との地震災害等を想定した合同防災訓練の実施

公開日 2017年10月20日

訓練目的

訓練を通じて、地域住民の防災意識の高揚や応急救助機関等の連携を強化することにより、地域防災力の向上を図りました。

実施日時

平成29年9月26日(火)午後1時10分から午後3時までの間

実施場所

幡多郡三原村宮ノ川1270番地11(有)四万十みはら菜園周辺一帯

 訓練参加機関(参加者約60人)

  • 警察
  • 三原村総務課及び住民課
  • 幡多西部消防組合三原分署
  • 三原村診療所
  • 三原村住民

訓練内容

  • 避難訓練
  • 情報伝達訓練
  • 交通規制訓練
  • 要救助者の救助救出訓練
  • 県警察ヘリによる要救助者搬送訓練

実施成果

  • 訓練参加機関の情報伝達を行い、並行して救助に係る実働訓練を実施することができ、本番を想定した実戦的な訓練を行うことができました。
  • 県警察ヘリが要救助者を搬送するために実際にグラウンドへ離着陸し、救助救出搬送要領を確認することができました。
bousai-1 bousai-2