本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

次世代育成支援行動計画

急速に進行する少子化の流れを変えるために制定された「次世代育成支援対策推進法」(平成15年法律第120号、平成27年3月までの時限立法)に基づき、国、地方公共団体、民間企業などが一体となって、次代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ、育てられる環境の整備に取り組んでいるところです。しかしながら、こうした取組を進める中にあっても少子化の進行には歯止めがかからず、同法は、平成37年3月まで10年間延長されることとなりました。
県警察ではこれまで、「高知県警察次世代育成支援行動計画(前期)」(平成17年度~平成21年度)及び「同計画(後期)」(平成22年度~平成26年度)を策定し、次世代育成に向けた施策に取り組んできましたが、これまでの計画に引き続き、今後5年間、「高知県職員子育てサポートプラン-次世代育成支援行動計画-」に基づいて、職員全員が子育てのための制度や取組について理解を深め、子育て中の職員に限らず、全ての職員にとって仕事と家庭生活(家事・子育て・介護等)を両立しやすい職場環境づくりを進めてまいります。

「高知県警察次世代育成支援行動計画」