本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

公安委員会・警察本部長の行う個人情報の保護

高知県公安委員会及び高知県警察本部長は、平成18年4月1日から、高知県個人情報保護条例の実施機関となりました。

高知県警察の個人情報保護制度のご案内

高知県個人情報保護条例に基づき、高知県公安委員会及び高知県警察本部長が保有する公文書に記録された自己の個人情報の開示若しくは訂正を、又は自己の個人情報が条例に違反して取り扱われていると認められる時にはその是正を、それぞれ請求することができます。

個人情報とは

氏名、住所、性別、生年月日、年齢はもとより、信条、信教、健康状態、家族状況、職業、学歴、資格、所属団体、財産、趣味など個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができると認められるものをいいます。ただし、
○ 事業を営む個人の当該事業に関する情報
○ 法人その他の団体に関する情報に含まれる当該法人その他の団体の役員に関する情報
は除かれます。
また、死者に関する個人情報についても、高知県個人情報保護条例にいう「個人情報」 に該当します。

請求の種類

開示請求

どなたも、公文書に記録されている自己の個人情報の開示(自己の個人情報が存在しないことの確認も含みます。)を請求することができます。

訂正請求

どなたも、公安委員会及び警察本部長から開示を受けた自己の個人情報に事実の誤りがある場合には、その個人情報の訂正を請求することができます。

是正請求

公安委員会や警察本部長が、個人情報保護条例に違反して自分の情報を収集していたり、提供していたりするようなことがあれば、その個人情報の取扱いの是正(利用の停止や個人情報の削除など)を請求することができます。

公文書とは

高知県警察の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画、写真及び電磁的記録であって、組織的に用いるものとして、高知県警察で管理しているものをいいます。

個人情報保護制度について詳しく知りたい方は、必要な項目をクリックしてください。

お問い合わせ

ご不明な点などがございましたら、こちらへお問い合わせください。

高知県警察個人情報コーナー(警察本部警務部県民支援相談課 情報公開係)
℡(088)826-0110
〒780-8544
高知県高知市丸ノ内二丁目4番30号



また、個人情報を取り扱う事務の内容、個人情報の項目、収集先など記録されている個人情報事務登録簿は、警察本部個人情報コーナー及び各警察署で閲覧することができます。

高知県警察の個人情報窓口

高知県警察では、開示請求等の窓口を警察本部及び全警察署に設置しています。
窓口によって、請求することができる個人情報が異なります。

(個人情報窓口)
高知県警察本部
個人情報コーナー

右への遷移を示す矢印
(取扱対象)
公安委員会
県警察のすべての課・警察署
県内各警察署
(分庁舎含む17所属)
右への遷移を示す矢印
当該警察署及び分庁舎
 

請求の方法は

請求の種類ごとに定められた請求書に、住所、氏名、請求の内容などの必要事項を記載して、個人情報窓口に提出してください。ただし、訂正請求については、既に開示を受けている個人情報が対象となっています。

請求書を提出するときには、請求する個人情報のご本人であることを証明する書類(運転免許証、旅券、健康保険被保険者証、各種年金証書、官公署の発行する身分証明書など)の提出又は提示が必要です。

電話、ファクシミリ、代理人などによる請求は受け付けることができません(身体の障害等、窓口への来庁ができない正当かつ相当な理由が認められた場合、郵送受理できる場合があります。)。

なお、詳しいことは電話等でお問い合わせください。

 

窓口の利用時間は

○ 月曜から金曜日まで(祝日及び12月29日から翌年の1月3日までの日は除きます。)
○ 午前8時30分から午後5時15分まで(正午から午後1時までの間は除きます。)

請求から決定までの流れ等

請求から決定まで

各請求についてのご案内

個人情報窓口で、請求しようとする個人情報についてご相談ください。
職員がお話を伺い、お求めに応じた個人情報の内容やその個人情報が記録されている公文書などを特定します。

請求書の作成・提出

請求の種類ごとに定められた請求書に、住所、氏名、請求の内容などの必要事項を記載して、個人情報窓口に提出してください。
また、訂正請求をされる場合には、開示を受けた文書や、訂正する事項についての事実を証明する書類などをご持参ください。

決定について

原則として、開示請求の場合は受理した日から15日以内に、訂正請求及び是正請求の場合は30日以内に決定します。ただし、やむを得ない理由により決定までの期間を延長することがあり、この場合には延長する理由及び期間を書面によりお知らせします。

開示の方法

開示(全部開示及び部分開示)の際には、決定通知書に記載された日時に個人情報窓口にお越しいただき、閲覧等をしていただきます。その際、決定通知書のほか、請求書の提出時と同じくご本人であることを証明する書類を持参してください。

費用の負担

開示文書等の閲覧、視聴は無料です。
写しの交付を希望される方は、写しの交付に要する費用を負担して頂きます。

文書の種類 交付する写し等の種類 金額
文書、図画及び写真(これらを撮影したマイクロフィルムを含む) コピー機によりコピーして、お渡しします。(単色刷り) 1枚につき 10円(A3判まで)
カラーコピー機によりコピーして、お渡しします。(多色刷り) 1枚につき 50円(A3判まで)
電磁的記録 用紙に印字し、お渡しします。 用紙1枚につき 10円
※カラー印字は1枚につき50円

口頭により開示請求を行うことができる個人情報

口頭により開示請求を行うことができる個人情報は、

  • 定型的な情報で、開示するかどうかの判断を、あらかじめ一律に行っておくことが可能なもの
  • 実務上、即時の開示に対応することが可能なもの
  • 一定の時期に開示請求が集中すると見込まれるもの


というすべての要件を満たすもののうちから、公安委員会等があらかじめ定め、高知県公報で告示した個人情報です。公安委員会等では、各種試験等を対象としています。

決定に不服があるときは

  •  決定(処分)について不服があるときは、その処分があったことを知った日の翌日から起算して3月以内に、行政不服審査法の規定に基づき、高知県公安委員会に対して審査請求をすることができます(なお、その処分があったことを知った日の翌日から起算して3月以内であっても、処分の日の翌日から起算して1年を経過したときは、審査請求をすることができなくなります。)。

  •  決定(処分)については、その処分があったことを知った日の翌日から起算して6月以内に、行政事件訴訟法の規定に基づき、高知県を被告として(訴訟において高知県を代表する者は、高知県公安委員会となります。)、処分の取消しの訴えを提起することができます(なお、その処分があったことを知った日の翌日から起算して6月以内であっても、その処分の日の翌日から起算して1年を経過したときは、処分の取消しの訴えを提起することができなくなります。)。ただし、その処分があったことを知った日の翌日から起算して3月以内に審査請求をした場合には、審査請求に対する裁決があったことを知った日の翌日から起算して6月以内に、処分の取消しの訴えを提起することができます(なお、その裁決があったことを知った日の翌日から起算して6月以内であっても、裁決の日の翌日から起算して1年を経過したときは、処分の取消しの訴えを提起することができなくなります。)。

制度のご利用に当たっては

開示請求や是正請求を行っても、個人情報が開示等されない場合があります。

条例上、開示、訂正及び是正の請求の適用を受けない個人情報

  • 犯罪歴などに関する個人情報
  • 訴訟に関する書類及び押収物に記録されている個人情報

開示請求された個人情報が記録されている公文書に、次のいずれかに該当する情報が記録されている場合(非開示情報とは…個人情報保護条例第16条第1項)

法令秘情報(条例第16条第1項第1号)

法令又は他の条例の定めにより、明らかに開示することができない情報

第三者情報(条例第16条第1項第2号)

開示請求をしている本人以外の第三者に関する情報であって、開示することによりその第三者の正当な権利利益を害するおそれがある情報

法定代理人による請求に関する個人情報(条例第16条第1項第3号)

法定代理人が開示請求をした場合に、法定代理人に開示することが本人の利益を害すると認められる情報

事業活動情報(条例第16条第1項第4号)

生産上のノウハウのように、開示するとその法人等の競争上又は事業運営上の地位その他正当な利益を害すると認められる情報

犯罪予防・捜査等情報(条例第16条第1項第5号)

開示すると、犯罪の予防・鎮圧又は捜査、控訴の維持、刑の執行その他の公共の安全と秩序の維持に支障が生ずるおそれがある情報

生命等の保護に関する情報(条例第16条第1項第6号)

開示すると、個人の生命、身体、財産等の保護に支障が生ずるおそれがある情報

事務事業に関する個人情報(条例第16条第1項第7号)

国や県などが行う指導、評価、監査等の情報で、開示するとその事務事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある個人情報

個人情報の収集・利用・提供の制限の例外

公安委員会及び警察本部長が、個人の生命、身体若しくは財産の保護又は犯罪の予防、鎮圧若しくは捜査、被疑者の逮捕、交通の取締りその他公共の安全と秩序の維持を目的と して個人情報を収集・利用・提供するときには、これらの制限の除外となります。

個人情報保護制度関係規定

すべて高知県例規集へリンクします。(別窓で開きます)