本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

高知県留置施設視察委員会の設置及び活動等

高知県留置施設視察委員会の設置及び活動等

高知県留置施設視察委員会

設置日等 平成19年6月1日
高知県警察本部

刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(平成17年法律第50号。(以下「法」という。))

第20条に基づき設置されました。

任命者 高知県公安委員会

法第21条第1項に基づき任命しています。

【法第21条第1項】
委員は、人格識見が高く、かつ、留置施設の運営の改善向上に熱意を有する者のうちから、公安委員会

が任命しています。

委員定数 4名

高知県留置施設視察委員会条例(平成19年高知県条例第11号。(以下「条例」という。))第2条第1項

に委員の定員が規定されています。

【条例第2条第1項】
委員の定員は、4名です。
医師・弁護士・公務員・地域の代表者の各1名を任命しています。

任期 1年(再任可)

条例第2条第2項に委員の任期が、同条第3項に再任について規定されています。

【条例第2条第2項】
委員の任期は1年です。(ただし、2回まで再任されることができます。)

任務 委員会 留置施設の運営に関し、留置業務管理者(警察署長)に対して意見を述べます。
委員

・留置施設運営の状況を把握するため、留置施設を視察します。
・被留置者と面接をします。

高知県留置施設視察委員会活動状況

活動期間 平成29年6月1日から平成30年5月31日までの間
委員会の開催 平成29年6月7日、同年11月30日、平成30年3月8日の3回開催しました。
視察した留置施設 留置施設を備えている県下10警察署全てを視察しました。
被留置者との面接 県下全ての留置施設を視察した際、被留置者3名との面接を行いました。

高知県留置施設視察委員会の意見及び留置業務管理者が講じた措置

高知県留置施設視察委員会の意見 留置業務管理者の措置内容

留置されている

方への対応

(10警察署)

 施設内における感染症対策につい

て、正しい知識による適切な措置を

実施してください。

 留置されている方が、留置施設内で使用する爪切りや電気カミソリについて、感染

症予防のための消毒方法が警察署によって異なっていたことから、専門的知見に基

づき、効率的で確実な消毒方法に統一しました。

留置施設の勤務

環境の向上

(10警察署)

 勤務員が働きやすい、機能的で

清潔な環境を整えてください。

 留置施設で働く勤務員の職場環境が悪化すると、適正な業務を損なうおそれがあ

るため、勤務員の負担を軽減したり、機能性を高める取組を実施します。

留置されている

方への対応

(10警察署)

 継続的な官本の入替えや増冊

に努めてください。

 留置されている方が、留置施設内で貸出を受けて閲覧できる書籍(官本)につい

て、これまでも増冊やジャンルの拡大に努めてきましたが、落書きや劣化による定

期的な入替えや増冊に対応するため、各地域の市民図書館に古本の提供をお願

いする等して、蔵書の維持、増冊に努めます。