本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

高知県留置施設視察委員会の設置及び活動等

高知県留置施設視察委員会の設置及び活動等

高知県留置施設視察委員会

設置日等 平成19年6月1日
高知県警察本部
刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律(平成17年法律第50号。(以下「法」という。))
第20条に基づき設置されました。
任命者 高知県公安委員会

法第21条第1項に基づき任命しています。

【法第21条第1項】
委員は、人格識見が高く、かつ、留置施設の運営の改善向上に熱意を有する者のうちから、
公安委員会 が任命しています。

委員定数 4名

高知県留置施設視察委員会条例(平成19年高知県条例第11号。(以下「条例」という。))第2条第1項
に委員の定員が規定されています。

【条例第2条第1項】
委員の定員は、4名です。
医師・弁護士・公務員・地域の代表者の各1名を任命しています。

任期 1年(再任可)

条例第2条第2項に委員の任期が規定されています。

【条例第2条第2項】
委員の任期は1年です。(ただし、2回まで再任されることができます。)

任務 委員会 留置施設の運営に関し、留置業務管理者に対して意見を述べます。
委員

留置施設運営の状況を把握するため、留置施設を視察します。
被留置者と面接をします。

高知県留置施設視察委員会活動状況

活動期間 平成28年6月1日から平成29年5月31日までの間
委員会の開催 平成28年6月1日、同年12月15日、平成29年3月2日の3回開催しました。
視察した留置施設等 留置施設を備えている県下10警察署全てを視察しました。
被留置者との面接 県下全ての留置施設を視察した際、被留置者6名との面接を行いました。

高知県留置施設視察委員会の意見及び留置業務管理者が講じた措置

高知県留置施設視察委員会の意見 留置業務管理者の措置内容
官本の充実
(10施設)
官本のジャンルの充実に努めてください。 図書館等から不要になった幅広いジャンルの書籍を譲り受けて官本として備え付け、被留置者が閲覧できるよう整備しました。
身体の不自由な方等への施設対応
(10施設)
膝が悪い方でもトイレが使用しやすい環境を整えてください。 全署とも、保有しているポータブル洋式便座を必要に応じて使用しており、今後も必要性を勘案しながら充実に努めていくこととします。
足腰が弱い方の起居を容易にするよう配慮をお願いします。 足腰が弱い方が立ち上がる際には、職員による介助のほか、必要に応じて起居補助となる物の活用を推進していくこととします。

資料データ

高知県留置施設視察委員会の設置及び活動等[PDF:13KB]