本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

このマークを知っていますか?

自動車に若葉マークが表示されていたら初心運転者紅葉マークが表示されていたら70歳以上の高齢運転者であることを表しています。

それでは、下の四葉のクローバーのマークは何を表しているのでしょうか。

 

四葉のクローバーのマーク

答え

この四つ葉のクローバーマーク(身障者マーク)は、肢体不自由の障害のある者が運転している自動車であることを示しています。

  • この身障者マークは、平成14年6月1日に施行された道路交通法の一部を改正する法律により障害者等に対する保護義務が新設され導入されたもので、道路交通法第71条の6第2項では、『肢体不自由であることを理由に運転免許に条件を付されているものは、肢体不自由が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときは、身障者マーク(標識)を自動車の前面及び後面の所定の位置に付けて運転するように努めなければならない。』
    と規定されています。
  • 一方、第71条第5の4号では、運転者の遵守事項として 『自動車を運転する場合において、身障者がマークを付けた自動車を運転しているときは、危険防止のためやむを得ない場合を除き、進行している表示自動車の側方に幅寄せをし、又は進路変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる表示自動車との間に第26条(車間距離の保持)に規定する必要な距離を保つことができないこととなるときは進路を変更しないこと。』
    として規定されています。

罰則

自動車の運転者は、肢体不自由の障害のある者が身障者マークを表示して運転している自動車に対して、幅寄せをしたり、必要な車間距離が保てなくなるような進路変更をしてはなりません。

幅寄せや割り込みをした場合、運転者は、

  • 罰金         5万円以下の罰金
  • 反則金       大型7千円、普通・二輪6千円、原付5千円
  • 違反点数  1点

に処せられます。

障害者マークを表示しましょう!

身障者マークは努力義務でありますが、肢体不自由であることから事故の危険性のある運転者は、自分自身の身を守るため、ぜひ身障者マークを表示してください。