本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

駐車監視員活動ガイドライン

駐車監視員活動ガイドラインとは、警察署長の委託を受けた法人の下で地域を巡回し、放置車両の確認や確認標章の取り付けなどの仕事を行う人(駐車監視員)の活動方針を定めるものです。(駐車監視員は、反則告知をしたり、金銭を徴収したりすることはありません。)

活動方針

駐車監視員は、次の路線、地域、時間帯を重点に巡回し、放置車両の確認や確認標章の取り付けを行います。

新たに策定する活動ガイドラインは、下図のとおりです。
これは、違法駐車の実態、住民からの苦情や取締り要望を基に策定しており、今後も実情により随時見直しを行います。

 

駐車監視員活動ガイドライン策定の考え方

放置車両確認事務の民間委託に伴い、駐車違反取締りの執行力が増大するなど、取締りが強化されることから、従来以上に公平かつメリハリをつけた取締りを推進する必要があります。

そこで、確認事務の民間委託を行う高知・高知南署については重点的に取締りを行う場所、時間帯などを定めたガイドラインを策定、公表することとし、当該ガイドラインに沿った取締りを推進します。

 

交通安全へ