本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

非行を注意して少年を育てる

声かけ活動推進中

増加する少年の非行や問題行動は社会問題にもなっています。

最近は、地域住民の連帯感も薄れ、「他人のことには関わりたくない」、「注意してもその親から文句を言われるかもしれない」、といったことから注意をする大人がいなくなったことが、少年の非行増加の原因の一つになっているといわれています。

逃げないで
    本気で叱って ぼくたちを

イメージイラスト

これからの未来を担うのは少年たちです。

地域社会の中で少年を健全に育むためには、非行や問題行動には、はっきりと「ダメ」と声をかける活動はとても大切なことです。

声かけて
    みんなで育てる 地域の子

イメージイラスト

近所で見かける少年たち・・。

「気にはかかるけど、声をかけるのは怖いし、面倒なことにはかかわりたくない・・・」。そんな大人が増えています。

 

「みんなが声をかけられる、そして子どもが育っていく・・・」

悪いこと
    見て見ぬふりも 悪いこと

イメージイラスト

「ダメなことはダメ」「悪いことは悪い」周りの大人がきちんと注意し、少年たちにしっかりと自覚させ、非行の誘惑に負けない強い心の少年を育てる。

非行絶つ
    友の目 親の目 地域の目

イメージイラストイメージイラスト
イラスト 声かけ活動
高知県少年警察ボランティア協会

少年少女の家出を防ごう

家出の理由

イメージイラスト

  • 生活のリズムの変化から家出をする場合があります。
    夏休みなど長期の休みに、子どもたちは地域社会の中で貴重な体験をしています。
    ところが、毎年休み明けの時期には、夏祭りなどの特別な催し事などで、夜更かし朝寝坊をしてしまうなど、生活のリズムが乱れてしまいがちです。 
    ★友達ともっと遊んでいたい
    ★もっと自由な時間が欲しい
    などといった欲求から家出をする場合があります。
  • 『自我の目覚め』や『自立心』の芽生えから家出をする場合があります。
    今までどおり接してきたのに、ある日突然
    ★「親にくどくど言われうるさい」
    ★「自由がない家だ」
    ★「勉強の事ばかり親が言ってくる」
    ★「友達のことをあれこれいう」
    などと子どもの態度や言葉に反発が表れることがあります。これは、自我の目覚めから、自立心の高まりとともに、親への批判的態度が生まれてくるからです。
    この親への批判的態度が家出となって表れてくる場合もあります。
  • 現実からの逃避のーつの形態として家出をしてしまうこともあります。
    ★「宿題ができていない」
    ★「勉強するのがいやだ」
    といった、現実からの逃避のーつの形態としての家出や無断外泊をする子どもがいます。
    一旦家出や無断外泊をすると、気持ちが大きくなったり自暴自棄になったりし、自転車やバイクを盗んだり、甘い言葉に誘われ性的な被害にあう子どもたちも出ています。

家出・無断外泊を防ぐために

イメージイラスト

  • 家庭では子どもの成長を少しずつ認めましょう。
    ★家庭内での不安や不満などを解消できるよう、お子さんの話に耳を傾け、まず、じっくり聞きましょう。
    ★親の気持ちを率直に伝える工夫をしましよう。
    ★お子さんの良さを認め、それを言葉に出して伝えましよう。
    ★親子で汗を流して作業などをしながら、社会のルールを正しく教えましょう。
  • 地域社会では、まず、大人がルールを守って育てていきましょう。 
    ★よそのお子さんにも「愛の一声」をかけましよう。
    ★親同士が地域の仲間として、地域活動への参加を誘い合いましよう。
    ★子ども達に、清掃活動や祭りなどの地域活動へ参加するよう呼びかけ、地域の一員として仲間の輪に入れましょう。
    ★スポーツや社会参加活動を通じて、たくましい心と体、やさしさと思いやりの心をはぐくみましょう。

少年相談のご利用を

警察では、少年に関する相談を受けています。子どもさんの非行問題など困ったたことについては、他人に相談内容が漏れる心配はありませんので、お気軽にご相談ください。
相談は、お近くの警察署の少年係又は“少年相談電話”で受けています。

警察本部少年女性安全対策課

ヤングテレホン 088-822-0809 

 

スクールサポーターが活動しています

高知県警では、平成20年4月1日から

  • 子どもの安全確保
  • 少年の非行防止

のため、学校、地域のパイプ役として活動する高知県警察スクールサポーターを県警本部少年課や警察署に配置しています。

ポーリーくん

具体的な活動は、警察官やボランティアの方々と一緒になって

  • 子どもたちの登下校時の安全見守り活動
  • 誘拐被害防止教室や非行防止教室の開催
  • 街頭補導活動
  • 不審者情報の把握やお知らせ

 などを行っています。
 スクールサポーターに関するご意見やご要望がありましたら、お気軽にご連絡ください。

連絡先:県警本部少年女性安全対策課少年企画係

電話088-826-0110  内線3065 

スクールサポーターの活動状況
スクールサポーターの活動状況
車両に貼るマグネットシートの紹介
小学校における全校集会の様子
小学校における全校集会の様子
車両に貼るマグネットシートの紹介

少年サポートセンターの紹介

少年サポートセンター

場所

高知市鷹匠町2-5-4
高知県警察本部鷹匠町別館(旧警察共済組合さんご荘)

電話番号

088-825-0110

業務時間

平日の午前8時30分から午後5時15分
(土・日・祝日はお休みです)

  • 少年サポートセンターは、高知県警察本部少年課内の相談機関として、平成11年に発足しました。
  • 子どもたちはさまざまなサイン(非行など)を見せてくれます。 その意味を保護者と一緒に考えながら、子どもたちが心身ともに健やかに成長することを願って、学校や関係機関と連携した取り組みを行っています。

どんな人が勤務しているの?

警察職員(警察官・少年補導職員)、高知県教育委員会から派遣された教員、知事部局から派遣された福祉専門職員などが一体となり、警察、教育、福祉のそれぞれの持ち味を出し合った活動をしています。

どのような業務を行っているの?

主な業務は、

  1. 少年相談活動
  2. 街頭補導活動
  3. 被害少年への支援活動
  4. 少年の立ち直り、居場所づくり活動 

の4つです。

未成年のこどもさんに関する悩み事や困り事、犯罪被害に関すること等、さまざまな相談を受けています。
ぜひ、お気軽にご相談ください。