本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

令和元年12月1日から、運転中のスマホ等利用に対する罰則が強化されます

公開日 2019年11月22日

道路交通法の一部改正により、令和元年12月1日から、運転中にスマートフォン等利用に対する罰則が強化されます。

〇「携帯電話使用等(保持)」の場合
  通話(保持)、画像注視(保持)する行為。
 ・ 罰則
  6月以下の懲役 または 10万円以下の罰金(改正前:5万円以下の罰金)
 ・ 違反点数
  3点(改正前:1点)
 ・ 反則金
  大型車 2万5千円(改正前:7千円)
  普通車 1万8千円(改正前:6千円)
  二輪車 1万5千円(改正前:6千円)
  原 付 1万2千円(改正前:5千円)

〇「携帯電話使用等(交通の危険)」の場合
   通話(保持)、画像注視(保持)、画像注視(非保持)することによって交通の危険を生じさせる行為。
 ・ 罰則
  1年以下の懲役または30万円以下の罰金(改正前:3月以下の懲役または5万円以下の罰金)
 ・ 違反点数
  6点(改正前:2点)

ながら運転は大変危険です。絶対にやめましょう!

※ その他の主な改正内容は、次に添付の広報チラシ(裏)をご覧になってください。

「やめよう、ながらスマホ」のポスター
ポスター
広報チラシ(表)
広報チラシ(表)
広報チラシ(表)
広報チラシ(裏)