本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

水の事故から大切な命を守るために

公開日 2015年07月23日

当署管内には「日本最後の清流」として有名な四万十川が流れており、多くの方が観光に訪れます。

一方で、毎年のように水の事故も発生しています。

大切な命を守るために、以下のことに注意しましょう。

一人で泳ぎに行かない

何人かで遊びに行けば、助けを求めることができます。

川で遊ぶ前に、地元の人に川の状態を確認する

川には、地元の人も入れない危険な個所がたくさんあります。

また、晴れていても水量が多く危険な場合があります。

川に入る際にはライフジャケットを着用する

ライフジャケットを着ていれば、流されても助かる可能性が高くなります。

沈下橋からの飛び込みはしない

川の流れは複雑です。

表層の流れは目で確認できますが、表層と深層では流れの速さや方向、水温等が違います。

沈下橋からの飛び込みによって深いところの流れに巻き込まれ、亡くなる方がいます。

沈下橋からの飛び込みは絶対にしないようにしましょう。

溺れている人を見ても、助けに行かない

溺れている人を助けようとして溺れるケースがあります。

溺れている人を見つけたら、すぐに警察・消防へ通報しましょう。

ペットボトル等、浮力のある物を投げるのも効果的です。

四万十川の川あそびマップ

当署も参加している渡川水系水難事故防止連絡会が作成した四万十川周辺の川あそびマップです。

安全に、楽しく川遊びをするために、是非一度ご覧ください。

以下の川あそびマップ等を掲載している国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所の

ホームページはこちら

川あそびガイド

川あそびマップ

川あそびガイド(下流域版)

川あそびマップ(下流域版)

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード