本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

南海トラフ地震を想定した合同訓練について

公開日 2016年07月12日

7月1日(金)、解体中の店舗を利用して、南海トラフ地震を想定した各機関合同の救出救助訓練を実施しました。

この訓練は、株式会社フジ様にご協力を頂き、幡多中央消防組合、四万十市民病院DMAT、警察が参加して行われ、警察からは、災害対策課、機動隊、窪川署、中村署、宿毛署が参加しました。

今回、消防と警察による現場での連携を確認できたほか、解体中の建物というより災害現場に近い環境の中、高所に取り残された方や狭い場所に閉じ込められた方を救出する訓練を実施することができ、災害対処能力の向上を図ることができました。

開会式 指揮本部

 

高所からの1 高所から2