本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

交通事故死ゼロを目指す日に合わせて街頭キャンペーンを実施しました。

公開日 2016年10月28日

平成28年9月30日に、四万十町交通安全町民会議が「平成28年秋の全国交通安全運動」の主要行事の一つである「交通事故死ゼロを目指す日」に合わせて、参加者が四万十清流消防署前の国道56号線で横断幕『思いやる心ひとつで事故はゼロ』と桃太郎旗『きょうは交通事故0を目指す日』を掲げて、国道を走行する車両のドライバーの方々に対して、交通安全意識を促進させる広報活動を実施しました。

このキャンペーンの実施に合わせ、

今回の交通安全運動の基本

  • 『子供と高齢者の交通事故防止』

重点目標である

  • 「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」
  • 「後部席を含めた全席シートベルト・チャイルドシートの正しい着用の徹底」
  • 「飲酒運転の根絶」

についての啓発を実施しました。

参加者

  • 四万十町役場交通安全担当者
  • 交通安全協会窪川支部長
  • 四万十清流消防署長
  • 四万十町交通安全母の会
  • 交通安全協会職員

街頭キャンペーンの様子2

街頭キャンペーンの様子2