本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

11月は児童虐待防止推進月間です

公開日 2017年11月20日

おレンジリボン

児童虐待とは…

親(親に代わる保護者)や同居人が、子どもの心身を傷つけ、健やかな成長・発達を損なう行為で、身体的虐待・性的虐待・ネグレクト(保護の怠慢・養育放棄)・心理的虐待のことをいいます。

様々な要因で起こる児童虐待はどの家庭でも起こりうる問題であり子どもだけでなく、虐待を行う親(保護者)への支援も必要と考えられています。

あなたの連絡が虐待から子どもを救うことにつながります

「虐待かな?」と思ったらすぐに近くの福祉事務所や児童相談所に電話等での相談をしてください。みなさんの電話が子どもを救います。

一刻を争うような緊急の場合は警察に110番をして、子どもの安全を確保してください。

ご相談(通告)は、児童相談所や市町村窓口まで 緊急の場合は、最寄の警察署または110番通報を

児童相談所全国共通ダイヤル

189(いち はやく)

  • 連絡は匿名で行うことも可能です
  • 連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます

 

高知署の電話番号