本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

高齢者ふれあいニュース 平成29年11月号

公開日 2017年11月22日

高齢者の重大事故多発!!

 
はみ出し事故

秋の全国交通安全運動期間中、県下における重大事故の発生はありませんでしたが、10月に入り高齢者による重大事故が多発しました。

10月2日(月)午前7時30分ごろ

高知市高須の県道交差点において、右折中の軽自動車と対向直進中の普通車が衝突。

軽自動車を運転していた71才の男性が車外放出され、意識不明の重体。

10月3日(火)午後1時30分ごろ

黒潮町の国道56号線において軽自動車が右カーブを進行中、進路左側の街路灯に衝突。

運転していた77才男性が意識不明の重体。

10月4日(水)午前9時10分ごろ

いの町の国道33号線において、対向車線にはみ出した軽自動車が、対向車線を進行してきた軽自動車と正面衝突。

対向車線にはみ出した軽自動車を運転していた83才男性が死亡。

県下の交通事故状況

事故状況表

右の表は、10月1日から10月16日までの県下の交通事故の状況です。そのうち高齢者の割合は半分近くを占めています。

統計上、高齢者が関係する事故は10月から急増し、さらに夜間における死亡事故は、11月から急増する傾向にあります。

また、重大事故が発生する時間帯は夕方5時~7時までが多いとされています。

シートベルトの正しい着用、ライトの早めの点灯、反射材の利用などをすることで交通事故防止に努めましょう。

高齢者事故防止キャンペーン実施中!

女警さん

高知県交通安全推進県民会議主催の「高齢者交通事故防止キャンペーン」(9月1日~12月31日)が行われています。

9月には民生委員さん、交通指導員さん、交通安全協力員さん協力の下、高齢者の交通事故防止の訪問を行いました。

ご協力ありがとうございました。

交通4コマまんが(作:清和学園 イラスト部)

4コマ