本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

特殊詐欺防止を呼び掛ける貸し出し傘を提供しました!

公開日 2018年07月09日

振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺被害は、現在も全国的に発生しており、高知県内でも昨年中の認知件数は、49件(うち未遂5件)、被害金額は約7,955万円となりました。

昨年は特に、有料サイトなどの料金未納という名目で電子マネーの利用権を騙し取るものや、収納代行サービスを利用して騙し取るといった架空請求での被害が大幅に増加し、若年層が被害者となるケースも増えています。

南署では、このような特殊詐欺への注意を呼びかけるため、6月22日、とさでん交通に「詐欺被害防止の標語入りの傘25本」を提供し、運行している路面電車の乗客に無料で貸し出すための傘として備え付けていただきました。

傘の提供
 
傘
 

南署にも連日のように、「不審なメールやはがきが届いた。」という相談が寄せられていますが、そのほとんどは最終的に金銭を騙し取る目的で送りつけられているものです。

お金に関する不審なメールやはがきが届いても、絶対に記載されている電話番号に連絡をしたり、お金を振り込んだりすることはせず、家族や警察に相談し、被害を防止しましょう!