本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

室戸警察署

署長からのひと言

室戸警察署長の上杉です、2年目になります。
新型コロナウイルスの第四波が猛威を振るっておりますが、ワクチン接種も各自治体で準備が進められており、感染収束に向けた取組が着実に行われています。
感染者数に一喜一憂するのではなく、市民、町民の皆様におかれましては、感染症対策を徹底することで、コロナに打ち勝つことができますので、もう少しの辛抱です、お互いに頑張りましょう。
室戸警察署の最大懸案事項で南海トラフ地震対策の一つでもある室戸警察署の新庁舎建設に向けての動きがありましたのでご報告します。
令和3年度の県予算により、新室戸警察署建設の用地取得費用等が認められ、令和8年度の完成供用を目指しています。
新庁舎建設予定地は、室戸高校西側の南海トラフ地震による津波浸水被害を受けない高台となります。
災害発生時の拠点として警察力を最大限に発揮できる立地となりますので、新庁舎建設に向けてのご理解とご協力をお願いします。

 

令和3年4月
室戸警察署長
上杉 明

署長