本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

ストーカー、DV事案への対応

ST事案への対応

【令和元年中の警察の対応】

 ・ ストーカー規制法に基づく警告 2件
 ・ ストーカー規制法に基づく検挙 5件
 ・ 他法令による検挙       7件
 ・ 禁止命令等          14件

◇ 主な事例

  •  元交際相手の女性に対し、名誉、性的羞恥心を害する内容を記載したメールを送信する、義務のない対話相手になることを要求する、住居付近をうろつく行為をした男性をストーカー規制法違反で逮捕するとともに、緊急禁止命令を行った
  •  元交際相手の女性に対し、首を押さえつける暴行を加える、職場へ押し掛け交際を要求する、義務のないことを要求する行為をした男性をストーカー規制法違反で逮捕するとともに、緊急禁止命令を行った
  •  複数回にわたり、飲食店に勤務する女性の自宅付近をうろつく行為をした男性をストーカー規制法違反で逮捕するとともに、禁止命令を行った
  •  元交際相手の女性の車両を石で損壊させた男性を器物損壊で現行犯逮捕し、その後ストーカー規制法違反でも検挙するとともに、禁止命令を行った

  全国的にこのような検挙事例もあります

  •  GPS発信機を被害者の車両に取り付け、勤務先のパソコンで位置測定を行って動静把握した → ストーカー規制法違反で逮捕
  •  被害者の使用車両のワイパーに、複数回にわたり花を挟み込んだ → ストーカー規制法違反で逮捕
  •  被害者の下着を窃取した上、その下着の股間部分を切り取り、被害者宅の郵便受けに投げ込んだ → ストーカー規制法違反で逮捕した後、窃盗事件でも検挙

DV事案への対応

【令和元年中の警察の対応】

 ・ DV法に基づく禁止命令違反検挙 1件
 ・ 他法令による検挙        17件
  ※ 裁判所からの保護命令通知件数 18件
 

◇ 主な事例

  •  自宅で妻の胸や腹を複数回殴り、けがを負わせた男性を傷害で逮捕し、裁判所から保護命令が言い渡された。

  全国的にこのような検挙事例もあります

  •  裁判所から「被害者又はその子どもに対してつきまといなどをしてはならない」旨の保護命令を受けていたにもかかわらず、車両にて子どもを追跡するなどした → DV法に基づく禁止命令違反で検挙
  •  裁判所から「被害者の住居等の付近をはいかいなどしてはならない」旨の保護命令を受けていたにもかかわらず、復縁を目的で被害者を待ち伏せ、住居付近をはいかいした上、被害者を車両の後部座席に押し込むなどし、監禁した → DV法に基づく禁止命令違反、逮捕監禁致傷罪で検挙

 警察からのお知らせ

   ストーカー行為やDVの被害を受けて悩んでいませんか?

緊急時は110番困ったときの相談電話は#9110
最寄りの警察署または警察本部にご相談ください。