本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

非行防止教室等について

 県警察では、少年の非行防止及び犯罪被害防止に向け、県下の学校等において、各種非行防止教室等を開催しています。

非行防止教室

非行防止教室

 「万引き」や「自転車盗」等、入口型非行を中心とした少年非行を予防するため

児童・生徒に対して、社会において最も基本的な規範である刑罰法令に触れないこ

との重要性を理解させ、規範意識の醸成を図ることを目的とした教室を開催してい

ます。

 

薬物乱用防止教室

 未成年者による飲酒や喫煙といった不良行為の防止及び、覚せい剤、大麻、危険

ドラッグ等、薬物の危険性、有害性について正しい知識と理解を育て、薬物乱用を

拒絶する社会の形成を図ることを目的とした教室を開催しています。

 

 

いじめ防止教室

いじめ防止教室

 誰もがいじめの被害者にも加害者にもならず、学校で安心して生活できるよう、ど

のような行為がいじめになるかを児童・生徒らと一緒に考え、また、いじめが犯罪に

つながることなどを教える教室を開催し、いじめで苦しむことのない社会作りに取り

組んでいます。

 

インターネット安全利用教室

 児童・生徒や、その保護者に向け、インターネットの危険性やフィルタアリング

の有用性について周知させ、インターネットの利用に起因した児童の犯罪被害や非

行を防止することを目的とした教室を開催しています。

 

 

誘拐被害防止教室

イカ

 県下の保育所や幼稚園、小学校低学年に向けて、誘拐被害に遭わないための注

意点についての学習や、「イカのおすし」等、いざというときの不審者への対応

方法について練習するなどしています。不審者

 

 

トップへ